絶対に焼けたくない!日焼け対策はどうしたらいいの?

子供には子どもの、大人には大人の
家族みんなでUV対策

待ちに待った春!ぽかぽかの日差しに誘われて、家族や友人とお出掛けする機会も多くなりますね。
しかし、忘れがちなのが紫外線対策。
紫外線が強くなり始める春から始めるUV対策で、健康な肌を守りましょう。
ギラギラと太陽が照りつける夏は、しっかりと日焼け対策をされている方も多いと思います。
しかし、春はいかがでしょうか?
実は、紫外線量が一気に増加するのは春から初夏にかけてなのです。
日照時間が増え始める3月頃から紫外線量はだんだんと増加し、5~8月ごろがピークになります。
それに加え、気温が上がって薄着になり、肌の露出が増えてくるため、紫外線に当たる率が増えてしまうのがこのシーズン。
この時期に紫外線対策をしておかないと、夏場に一気にダメージが出てしまう可能性もあるため、春先からの先取りケアが肝心です。
また、春は環境の変化や花粉など、肌に対する刺激の多い季節でもあります。
そこに加えて紫外線対策を怠ってしまうと、ますますダメージが蓄積されて、シミやシワ、ケアなの開きなど、肌トラブルの原因になってしまうのです!
紫外線対策を始めるのにベストなこの時期に、効果的な対策方法をおさらいしておきましょう。

健康、美容への関心が高い大人の女性はもちろん、男性やお子さん、家族みんなで実践して、健やかで美しい肌を保ってくださいね。

正しいUVケア

UV対策の重要性

短時間に強い紫外線を浴びると、肌が赤くなったり、ヒリヒリしたりするいわゆる日焼けが起こります。
しかし紫外線には、長期的に浴びることで起こるトラブルも。
紫外線を長期間に綿って浴びると、細胞にダメージをもたらします。それで引き起こされるのがシミやシワといった皮膚の老化。さらには皮膚がんや白内障などの罹患リスクが高まると言われています。
美肌のためのみならず、健康を守るためにもUV対策は必須なのです。

日焼け止めの基本

日焼け止めのパッケージに記載のある「SPS」や「PA」の表記。よくわからずに、何となく選んでいませんか?
それらの見方を理解すれば、活動のシーンに会わせて、より効果的に日焼け止めを選ぶことができます。

SPFとは・・・

UV-B(紫外線B波)を防ぐ効果の指標で、最大で50+
これはなにも塗らないときに比べ、UVーBを何倍防げるかを表した数値です。
「例えば20分で肌が赤くなり始める人がSPF25の日焼け止めを使用した場合、『20分×25=500分』の間、肌が赤くなるのを防ぐことができるという意味です。
ただ、これは理論上の数字で、実際には汗などで落ちてしまったり、十分な量を塗れていなかったりもするので、あくまで目安。
実際はこまめに塗り直すことが必要です。

PAとは・・・

UV‐A(紫外線A波)を防ぐ効果の目安で、PA+~PA++++の4段階で示されます。
+が高くなるほど、防止効果がアップします。
SPFの組み合わせで示されているので、使うシーンや欲しい効果に応じて選びましょう。

シーンに合わせた日焼け止めの選び方

SPF10やPA+
日常の散歩など
SPF20~30、PA++
屋外での軽いスポーツやレジャー
SPF30~40、PA++++
炎天下でのレジャーやマリンスポーツ
SPF40~50、PA++++
山登りのときなど、非常に強い紫外線の場所

世代別UV対策

子ども編

紫外線が影響を及ぼすのは、大人も子どもも同じ。
しかし、子供の肌は細胞分列が盛んなだけに、紫外線の影響を受けやすいといわれています。
将来の健康のためにも大人がしっかり見守って、正しい対策をすることが大切です。

外出時間を選ぶ

子どもとの外出は、時間を選ぶのも賢いUV対策の1つです。
紫外線の多い時間帯の外出はできるだけ避けた方がよいでしょう。
具体的には、4~9月の10時~14時くらいです。
うす曇りの日でも、紫外線は降り注ぎますので油断は禁物です。
この期間は朝早くや夕方など、紫外線の多い時間をさけて外遊びをしたり、室内で選べるところを活用したりするとよいですね。

子どもの日焼け止め選び

子どもの皮膚は、大人の半分程度の薄さと言われており、とってもデリケート。
紫外線吸収剤で子どもの皮膚がかぶれることもあるため、ノンケミカル、または紫外線吸収剤未使用と書かれたものを選ぶとよいでしょう。
乳児は外出が増える3か月頃から日焼け止めを使用してもOK。
また、たとえ日焼け止めを塗っても、日差しを避けた時間を選んでの外出や、外選びを短時間にすることも大切。
ベビーカーの日よけや帽子も忘れずに。


子ども期からしっかりケアを

かつては子どもの日焼けは健康に欠かせないといわれていました。
しかし現在の母子健康手帳からは、赤ちゃんの日光浴の項目は削除されており、紫外線対策を行うよう記載されています。
人は、一生に浴びる紫外線の半量以上を子ども期(18歳まで)に浴びるといわれています。
浴びた紫外線の量が多いほどダメージが蓄積され、将来の健康への悪影響が懸念されますから、幼少期からの紫外線対策はとても重要なのです。

大人編

女性は美容面からもUV対策に敏感な方が多いですが、もちろん男性も関心をもって予防に努めてほしいです。
年齢、性別に関係なく、正しい紫外線対策を心がけましょう。

服装を工夫する

日傘や帽子、長袖の衣服など、身に着けるアイテムを工夫するだけでもUVカット効果は上がります。
長袖や襟付きの衣類で首や腕周りをガードし、日傘や帽子で直射日光を遮ることも大切な予防法です。
紫外線は目にも影響を与えますので、サングラスで目の保護をすることも忘れずに!
ゴルフ場や海辺など長時間戸外にいるレジャーの際は、特に気を付けて。

日焼け止めを塗り直す

全世代に共通することですが、日焼け止めは塗りっぱなしではいけません。
汗や水で流れたり、衣服などと接触したりすることで、日焼け止めはどうしても落ちてしまいます。
いくら効果の高い日焼け止めを使っていても、落ちてしまっては意味がありませんよね。
目安としては2~3時間おきに塗り直すことをおすすめしています。
女性はお化粧直しのタイミングで塗り直すとよいでしょう。

紫外線情報を活用

専門機関のホームページでは、紫外線に関する情報が提供されています。
気象庁や日本気象協会などのホームページでは、毎日、紫外線情報が発表されています。
紫外線の強さをランクで表した『UVインデックス』をもとに、弱い~極端に強いまでの値で、全国各地の紫外線量が分かるようになっています。
戸外の活動をする前にチェックすると、より効果的な紫外線対策が行えます。
賢く利用してみてください。

日焼け止めの正しい塗り方

みなさんは、日焼け止めを何気なく塗っていませんか?
せっかく選んだ日焼け止めも、適切に使用しなければ十分な効果を得られないこともあるのです。

紫外線対策の試験で使われる日焼け止めの基準量は、1㎠あたり2㎎と意外と多量です。
表示されているSPFやPAは、この分量を使わないと数値分の効果が期待できないのです。

クリームタイプならパール粒2個分
ミルクタイプなら500円玉大程度が適量です。

気を付けていても塗り残しは出てしまうものです。
ですから1度で塗ろうとせず、メイクする際は、日焼け止め→日焼け止め効果のある化粧下地の2度塗りがオススメ。
焼けやすい額や鼻筋、頬骨などは特に丁寧に


腕・脚

腕や脚は範囲も広いため、塗り残しも出やすい部位です。
ムラなくしっかり伸ばしましょう。

日焼け止めを適量出したら、螺旋を描くように手のひらで伸ばすようにするとムラが少なくなります。
脚は腕の2~3倍程度の量を目安に塗るとよいでしょう。

手足の甲は忘れやすい部分なので、塗り残しに注意。
顔と同様、2~3時間おきに塗り直しましょう。
また、日焼け止めはきちんと落とさないと肌荒れの原因になるので、低刺激性の石けんなどで洗い落としてください。

日焼けのアフターケア

対策をしていても、うっかり日焼けしてしまうこともありますよね。
そんなときは、ダメージを残さないためにも、万全のアフターケアを。

冷やして保湿

肌が赤くなったり、ヒリヒリしたり、腫れたりしている場合は、まずはとにかく冷やすこと!
ヒリヒリするのは軽いやけどの状態ですから、炎症を早く抑えるためにもすぐに冷やしましょう。
日焼け後の肌は水分量も減っているので、ほてりが引いたら、たっぷりと保湿をしてあげてください。
しかし、あまりにもひどい日焼けの場合は、早急に皮膚科を受診してください。

フルーツ&緑黄色野菜

紫外線を浴びると、体内には肌の老化につながる活性酸素が発生します。
ビタミンCやE、ポリフェノールなど、抗酸化作用のある食品は活性酸素の働きを抑制するので、積極的に摂るように心がけるとよいですね。
色鮮やかな南国フルーツや、トマト、ほうれん草、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
一方、きゅうりなど紫外線の吸収を促すソラレンが含まれる食品もあるので、外出前の摂取は要注意。

お風呂と睡眠でリラックス

日焼けのアフターケアとして、生活習慣で大切にしたいのは夜のお風呂と睡眠。
肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の促進には、睡眠はとても大切です。
睡眠中には成長ホルモンが分泌され、新陳代謝が活発になるため、日焼けのダメージ解消に効果を発揮してくれます。
また、就寝の2~3時間前に入浴をすると、寝つきが良くなり、快眠につながります。
質の良い睡眠をとることを、いつもより意識してください。

タイトルとURLをコピーしました